フォレスター年次改良(E型)情報

こんばんは、いわっきです。

今、フォレスターのホームページ を見ると、
b0352969_18535518.jpg

現行フォレスター(D型)は、2017年1月22日をもって既に注文受付を終了しています。
b0352969_18535593.jpg


D型フォレスターは2015年10月に発表されたので、既に1年以上経っており、例年より遅いタイミングでの受注ストップですね。昨年秋は新型インプレッサの登場で盛り上がっていたので、僕もすっかり忘れていましたが、、笑

D型では後期型になり、いわゆるビッグマイナーチェンジと言われるほど大幅な改良がされましたが、今回のE型はあくまで年次改良で、スバリストくらしいか興味のない内容だと思うのであしからず。

それでは本題。E型フォレスターについて、ディーラーからの情報をTwitterにて教えていただいたのでお伝えいたします。

こちらはD型フォレスターのグレードラインナップです。
b0352969_18535692.jpg


E型では、D型でSUBARU BOXER 50周年特別記念車として設定されていた特別仕様車『Style Modern』と『Brown Leather Selection』が廃止されます。
どちらも魅力的な特別仕様車でしたが、いつまでも50周年ではないので廃止ですね。ブラウンレザーセレクションがどれくらい売れたのか気になるところです。


そして、EyeSightを搭載していない【2.0i】と【2.0i-L(6MTを除く)】が廃止され、代わりに【2.0i EyeSight】が新設定されます。
簡単にいえば、2.0iにEyeSightが搭載されて、2.0i-LのEyeSight非搭載グレード(6MTを除く)が廃止。つまり、CVT車は全グレードEyeSight標準装備という訳です。
2.0i EyeSightにはLEDヘッドランプ等も奢られる様で、実質的にEyeSight搭載モデルのエントリー価格の引き下げとなり、より販売台数向上が見込めるでしょう。

それよりも、2.0iの6MTモデルは廃止となりましたが、2.0i-Lに6MTが残されることに注目です!!!!!!
新型インプレッサでMTモデルが廃止されたように、次期型フォレスターにも6MTが設定されることは考えにくいので、新車で欲しい人は急ぎましょう!!
現行フォレスターの6MT、すごく面白くて良いクルマだと思いますよ。

その他、X-BREAK専用色としてC型より設定されていた「タンジェリンオレンジ・パール」と「デザートカーキ」が廃止に。こちらも個性的で良い色でしたが、あまり売れなかったのか廃止です。まぁ、もともとSUBARU XV用のボディカラーで、XVが近々新型に切り替わる為だと思われますが。

その代わりの言ってはなんですが、X-BREAKをベースにオレンジやブラックのアクセントを追加した新たな特別仕様車が登場!!(画像は某掲示板より)
b0352969_20372545.jpg

ダークグレーメタリック塗装の専用ホイールは17インチで、〜D型XVのホイールベースかな?
フロントグリルはSリミテッド/XTと同じグリルかな。
フォグランプ上にもオレンジが入るけど、LEDアクセサリーライナー着けれないのかな……?
ブラックルーフレールは米国仕様っぽくて良いですね。
その他、ブラックカラードドアミラーにオレンジのサイドクラッティング、専用リアエンブレムまでついて、なんとお値段そのままとは!!
エクシーガ クロスオーバー7のアクティブスタイルもそうだったけど、前期型XVのホイール流用しすぎじゃないですか。余ってるんですかね(ボソッ


最後に、機能的な改良としては、アクティブレーンキープの作動可能速度が65km/hから60km/hになるとのこと。

すでにE型の商談は可能とのことですが、正式発表は3月になると思われます。

ただ1つ気になるのは、なぜ今 新CMをやっているのかということ……。スピッツさんの楽曲は素晴らしいんですけどね。

また新たな情報が入りましたら改めてお伝えいたします。

[PR]
Commented by E型契約者 at 2017-01-31 21:12 x

今のタイミングのCMは、FMCしたCX-5を意識してるんじゃないですかね。
Commented by iWAKKI_555 at 2017-01-31 21:19
>E型契約者さま
コメントありがとうございます。
なるほど。確かに新型CX-5や新型ティグアン、C-HRなど新型SUVが続々と登場しているなかでのCMは効果的かもしれませんね。
by iWAKKI_555 | 2017-01-29 15:45 | SUBARU | Comments(2)