お久しぶりです。いわっきです。

D型WRX STI、レヴォーグ/WRX S4も無事発表,発売され、WRX STIはすでに納車されている方も多く、レヴォーグ/WRX S4は9月頭頃から納車され始めますね。

そんななか、現在スバルのHPを見ると、レガシィ B4/アウトバック、インプレッサ G4/SPORT、BRZは
【掲載モデルの受注生産を終了いたしました。
掲載モデルの新規ご注文については、在庫状況によりグレード、車体色など、お客様のご希望に沿えない場合があります。
なお、次期モデルの先行予約を受付けております。ご注文の際は予め、販売店にお問い合わせください。】
と、書かれています。

そこで、皆さん気になる D型レガシィ B4/アウトバックの日本仕様の情報をTwitterにて教えていただいたので、このブログにまとめさせていただきました。


D型レガシィですが、米国仕様は2月3日にB4が、4月8日にアウトバックが発表され、この夏すでに発売されています。
b0352969_18565655.jpg

b0352969_18565641.jpg

従来どおり基本的には海外仕様と同様の変更になると思われます。(ホイールや内装センターコンソール部は異なると思われます)

b0352969_18565778.jpg

B4/アウトバックともに、フロントデザインが大きく変更され、より力強く、B4はスポーティで、アウトバックはSUVらしいデザインになりましたね。ヘッドランプの形状も変更され、もちろんステアリング連動ヘッドランプも搭載されます。

b0352969_18565771.jpg

B4については、リアバンパーのデザインも変更されていますね。

b0352969_18565817.jpg

内装については、ステアリングが現行インプレッサと同様のものになったほか、ナビ/エアコン周りのパネルが変更されています。

b0352969_18565892.jpg

b0352969_18565946.jpg

もちろん例に従って、足まわりや静粛性にも手が加えらています。

b0352969_18565901.jpg

気になる日本仕様についてですが、D型レヴォーグ/WRX S4に搭載され話題になっている『アイサイト・ツーリングアシスト』は、D型レガシィには搭載されないとのことです。期待していた方も多いと思いますが残念。。(搭載されると書いている雑誌サイト等もありますが…)

ただ、『アイサイト セイフティプラス』(フロント&サイドビューモニター、後退時自動ブレーキのみ)は設定されるとのことです。

また、細かい点では、ディーラーオプションのナビが3種類のみとなり、従来はパナソニックのStradaだった車種専用設計ビルトインナビが、三菱電機のDIATONE サウンドナビになるとのことで、音質ほか使い勝手の評判の良いサウンドナビは、デザインも含め、個人的にかなり楽しみな点です。笑
※DOPナビは三菱電機とPioneerの2種類のみになるという情報もあります。
とにかく、ナビの種類が減るということは確実です。笑

さらに、新グレード&ボディカラーも設定されるかもとのこと。
b0352969_20370425.jpg

b0352969_20370536.jpg


D型レガシィ B4/アウトバックは9月4日発表、10月30日発売です!

b0352969_20370643.jpg



ちなみに、B型インプレッサにもアイサイト・ツーリングアシストは搭載されないとのことです……(こちらも、搭載されるという情報もありますが、はたして、、

まぁ、インプレッサに搭載されたらレヴォーグが売れなくなっちゃいますからね。C型には搭載されると思いますが。笑


さらに、F型BRZの情報もチラホラ出てますね。

待望の?『STI Sport』が追加されます!!

レヴォーグのSTI Sportがかなり人気なので、どんどん他車種にも展開してほしいところです!

で、なんと特別仕様車として『STI Sport クールグレーカーキ Edition』なるものが6MTのみの100台限定で用意されるとのこと!

クールグレーカーキとは新型SUBARU XVに設定されているこの色です!!これは楽しみですね!!
b0352969_20370650.jpg

b0352969_20370796.jpg


新型XVといえば、先日1.6i-L EyeSightに試乗してきましたが、とにかく乗り心地の良さに感動。そして、2リッターに比べ1.6リッターはローギアード化されており、街中では十分な動力性能で、常に元気に走ってくれる印象でした!
b0352969_20370758.jpg

2.0i-S EyeSightにも乗りましたが、やはり2リッターは余裕があります。が、i-S用の18インチは少々あたりが硬く、乗り心地は1.6i-Lの17インチの方が確実に良いです。ということで、新型SUBARU XVのおすすめグレードは2リッターで17インチの2.0i-L EyeSightです!
個人的にはエンジンが元気に回ってくれて、軽い印象だった1.6i-Lの乗り味がすごく好みでしたが。


今売れに売れているトヨタのC-HRも、先日レンタカーで乗りましたが、なんせ後方視界が悪い。特に斜め後ろは、駐車場からバックで出るときなんかは全く見えません。乗り味と燃費は良いんですけどね。高速の乗り心地はイマイチだった印象があります。あと、ハイブリッドのあのブレーキのタッチは一生好きになれないと思います←笑

なにより、価格がC-HRは約250〜300万円、XVは約210〜270万円。装備等を考えても断然SUBARU XVがお買い得なんですよねぇ。まぁ燃費は劣りますが。

燃費を気にする人はSUBARU買いませんよ!※ディーラーマン談

このブログを読んでいる方はSUBARUの魅力は十二分に分かっていると思うので、多くは語りませんが。笑


そんな新型SUBARU XVの試乗動画はYouTubeに公開してあるのでよかったらご覧ください。



では、また。

いわっき。
[PR]
by iWAKKI_555 | 2017-08-21 17:55 | SUBARU | Comments(0)